2014年8月26日 11:19
category: Web
---
文字数:1021
読む目安: 3分

お名前.comでMXレコードを編集する

こんにちは。どもども。

あるドメインで、メールをGoogleAppsで管理することになって、DNS設定を変更する必要が出てきました。
ドメインを管理している「お名前.com」でMXレコードの設定変更を行います。
以前にも同じ操作を行ったのですが、確か同じ所で躓いたので、今回もメモ。

GoogleApps側でも以下のようにアナウンスされてます。

MX レコードの設定: お名前.com


さて、まずはお名前.comの「ドメインNavi」にログインしましょう。
ログインできたら、「ドメイン設定」へ移動し、「ネームサーバーの設定」から「DNS関連機能の設定」へ進みます。
そして、「DNSレコード設定を利用する」の「設定する」をクリックして、次画面で操作するドメインを選択して「入力画面へ進む」をクリック。
いよいよここから設定開始です。

まず、設定画面では以下のようになっています。

20140826112740.gif

ここで毎回、手が止まります...。
GoogleApps側で表示されているのはこちら。

20140826113001.gif

【質問1】ホスト名にはなんと入れるのが正解?
【質問2】Valueで、ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM を入力・保存する場合、入力欄は左寄せ?(右側の1個が余る?)
【質問3】優先というのは追加後に入力するもの?
【質問4】状態は有効のままでOK?

困ったな...と思いつつ、こちらを参考にします。

「お名前.com」の独自ドメインにGoogleAppsの設定を追加しよう

...Valueのところ、入力欄のカタチが違う。
これ、どうすんだろう...と思いつつ、何気なくTYPEをMXに変更すると...

20140826113823.gif

入力欄が変わった...!
まぁ、よくあると言えばよくあるんですけど、選択するTYPEによって表示方法を変えてるんですね。

ワタシも入力フォームとかを作る際、この方法をよく使います。
入力欄が多すぎると見ているだけでストレスが出てしまいそうなので、必要な項目だけを表示するようにしたりとか。
でも今回のこれはちょっといただけない感じがしましたね。

必須項目とか入力形式が決まっているものって、パッとみてすぐ理解できないとダメじゃないかなと。
使い勝手とUXって考えるべきことが多いとは思うのですが、これはちょっと使いづらいんじゃないかなと思いましたって話です。
(ワタシがいつも躓くからそう思うだけなのかもだけど...汗)