2018年2月17日 22:08
category: Web
---
文字数:2819
読む目安: 5分以上

.htaccessで特定のIPアドレス以外をメンテナンスページへ302リダイレクトさせてみた

ogp.jpg

ども、どもども。
ウェブサイトの公開時、あるいはメンテナンス時に自分のIPアドレス以外をメンテンスページへリダイレクトさせて、その間にゆっくりと作業を進めたい。
この仕事をやっているとわりとよくある話だと思います。

これを実現するためのhtaccessによるメンテナンス表示(IPアドレスでのアクセス制限)は以下になります。

ErrorDocument 503 /maintenance/index.html #表示させるメンテナンスページ

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteCond %{REQUEST_URI} !=/maintenance/ #アクセスを許可したいディレクトリ
  RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !=000.000.00.00 #アクセスを許可したいIPアドレス
  RewriteRule ^.*$ - [R=503,L]
</IfModule>

<IfModule mod_headers.c>
  Header set Retry-After "Fri, 13 February 2018 09:00:00 GMT" #メンテナンス終了予定時刻を設定
</IfModule>

これで、自分(のIPアドレス)以外がアクセスを試みた際、メンテナンスページが表示されます。
503エラーで表示させるためどのURLへのアクセスであっても同じ内容(メンテナンス)が表示され、そのサービス(サーバー)が一時的に利用できない状態であることを意味するため、例えばGoogleボットなどが訪れても最後に書いてあるRetry-Afterを拾ってメンテナンスが終わる頃に再訪問してくれるという感じになります。( 参照:Wikipedia HTTP 503

こちらの方法がいわゆるお作法に基づく正解なのですが、今回の場合はちょっと事情が違いました。

今回構築したのはいわゆるLP(ランディングページ)だったので、HTML+フォームのページ以外には表示するコンテンツが無く、ドキュメントルートにindex.phpだけを設置、テンプレートHTML類も公開ディレクトリ以外に設置していました。
また、今回が初公開となることからすでにindex.htmlを設置し、その中で公開日についてアナウンスしていました。そのため今回のメンテナンス作業(公開作業)はBASIC認証などを用いるのではなく、公開日をアナウンスしているindex.htmlをルートに設置したまま実施しなければならない状況でした。

例えば、index.htmlとindex.phpがルートにある状況なら、通常、https://www.example.com/ にアクセスした際はindex.htmlが優先表示されます(Apacheの設定による)し、また今回はフォームの画面遷移URLがすべて https://www.example.com/#confirm のような感じで遷移するように構築していたため、ルートにindex.htmlを置いてメンテナンスすることはできませんでした。(index.html#confirmなどになってしまう)

それで上記のhtaccessによるメンテナンス表示をしようとしたのですが、今回はここで問題が生じました。
503エラーだとURLが変化しないため、実体がある/maitenance/index.htmlにはアクセスできるのですが、https://www.example.com/ へアクセスした時は、htaccessで実体のないファイルへのアクセスを遮断していたためか500エラーになってしまいました。

でもこのまま作業が進められないのは困ってしまいます。
そこで、これ以外の方法でなんとか自分以外のアクセスをメンテナンスページへ誘導する方法を考えることにしました。

続きを読む: .htaccessで特定のIPアドレス以外をメンテナンスページへ302リダイレクトさせてみた
2018年2月10日 15:23
category: Web
---
文字数:2174
読む目安: 5分

クロネコWebコレクト利用時に「お支払い手続きエラー」になる原因とその対策がわかった。

HIRAyamatoneko_TP_V.jpg

ども、どもども。

弊社ではSKELETON CARTという自社開発のショッピングカートシステムを販売しています。
もちろん販売しているだけじゃなくって、複数の自社クライアントのECサイトにも導入しているのですが、たまにそのクライアントから「お客さん(購入者)がクレジットカード決済できなかったらしい」と連絡を受けることがありました。

ところが、何度確認しても特に問題が見つけられず、これまで原因特定には至っていませんでした。
本当であればそのお客さんに、エラーになってしまったその状況をもっと色々聞ければいいのですがそうも行かず...。
悶々としていたところ、あるクライアントから有力情報(スクリーンショット)が届きました。

続きを読む: クロネコWebコレクト利用時に「お支払い手続きエラー」になる原因とその対策がわかった。
2018年1月27日 15:56
category: レポート
---
文字数:2154
読む目安: 5分

CMC_Meetup in 札幌 キックオフに参加してきた!

ども、どもども。
昨日、CMC_Meetup in 札幌 キックオフに参加してきました!
CMC_Meetupとは「コミュニティマーケティング」について考えるコミュニティ(Community Marketing Community)のことで、その生い立ちなどについては、主宰の小島英揮さんのブログ記事を御覧ください。

小島さんとは2014年のAWS Cloud Roadshowで初めてお会いして、その後はFacebook上でお友達になっていたのですが、小島さんの投稿でこのCMCの存在を知り、いつか参加してみたいと思っていたイベントでした。

そして、それを決定的なものにしてくれたのがこの時の記事。
この記事の内容にすごく共感できて、こりゃ行かねばならないな、と。

コメント欄にもありますが、そこで小島さんに札幌開催の可能性を聞き、密かに期待していたのでした。
そして昨夜、それが現実のものとなることに。

続きを読む: CMC_Meetup in 札幌 キックオフに参加してきた!
2018年1月 9日 16:30
category: まじめな話
---
文字数:1631
読む目安: 4分

2018年、はじめます。

ogp.jpg

ども、どもども、西山です。
年が明け、弊社(ジャクスタポジション)も本日より2018年の業務をスタートしています。
このブログもこれまで同様、ゆるゆると続けていきたいと思います。

さて、2017年は弊社にも新メンバーが増えたり、4期目の決算を前年比122%で終えることができたりとお陰さまで順調に過ごさせていただきました。
あらためてお世話になった皆さん、ありがとうございました。

今回の年末年始休暇は11日間(12/29〜1/8)とかなり長めにお休みをいただき、よいリフレッシュになりました。
そんなお正月休みでしたが、周囲の同業他社さんの動向などを見聞きして、「さて、うちは今年どうするかなー」とぼんやり考えていました。
実はこの記事を投稿するまでに何度も書き直したりしていたのですが、なかなか上手くまとめることができず、結局今に至っていたりします...(汗)
それでも2018年の業務開始日になにかを書き残しておきたいな、と。

2018年の個人テーマは「志ファースト」

今年1年をどう過ごそうかなどとぼんやり考えていた時に浮かんできた言葉。
どこかで見聞きしていたのかも知れないけれど、今年の個人的テーマはこれでいきます。
ぶっちゃけ、このキーワードをブログに残したいから記事を書いたと言っても過言ではありません。
ほげほげファーストってのも既に使い古された感ありますけど...。

続きを読む: 2018年、はじめます。
2017年12月13日 18:06
category: Web
---
文字数:1064
読む目安: 3分

MovableType.net Dashboard Utilityのバージョンアップ

ども、どもども、西山です。
この記事はMovable Type Advent Calendar 2017の13日目の記事です。
昨年のこの企画で、MovableType.netのダッシュボードを使いやすくするChromeエクステンションを公開しました。

それから1年、今年はこのエクステンションをぷちバージョンアップし、version 0.3.0をリリースしました!
MovableType.netをご利用の方、特にウェブサイト制作会社さんなど、クライアントのウェブサイトを多数管理している方にご利用いただきたいエクステンションです。

続きを読む: MovableType.net Dashboard Utilityのバージョンアップ
2017年12月 3日 14:31
category: Web,ネタ
---
文字数:1119
読む目安: 3分

札幌ウェブ屋だらけの忘年会 Vol.5

ども、どもども、西山です。
前回のブログ記事公開からはや2ヶ月...その間もいろいろあったのですが、なかなかブログ記事を書けずにいました。
お仕事いっぱいいただけて嬉しい限りです。

さて、そんな最近ですが、一昨日の12月1日(金)にここ数年恒例となった「札幌ウェブ屋だらけの忘年会」を開催しました。
今年で5回目の開催で、今回も多くの方に集まっていただきましたー!

一昨年に第3回を30名以上で開催するも、初めての大人数(それまでは10〜20名ほど)での開催を甘く見ていた幹事4名。
当日は大混乱の中での開催となりました...
それを反省して開催した昨年の第4回、原点回帰と銘打って少人数開催するも、今度は「行きたかったのに募集人数少なすぎ!」という大変多くの反響を...(汗)
そこで今回は再び40名規模での開催となりました。

続きを読む: 札幌ウェブ屋だらけの忘年会 Vol.5
2017年10月10日 19:36
category: Web
---
文字数:1792
読む目安: 4分

MTDDC2017の参加レポートが続々と公開されていますが...

2017年10月10日 09:38
category: レポート
---
文字数:4727
読む目安: 5分以上

MTDDC 2017に参加してきました!

こんにちは、どもども。
5月以来、久しぶりの更新となってしまいました本ブログ。
その間にも、7月のCSSNie LP52「ウェブサイト制作、手を動かす前に考えておくこと」に参加してきたり、CMSMix Sapporo Vol.2:Movable Typeの回を開催したり、弊社決算があったりといろいろあったのですが、なかなかブログ記事を書けずにいました(汗)

今回は、10月6日に開催されたMTDDC 2017と、10月7日に開催されたMovable Type 7 Developer Previewハンズオンに参加してきたレポートを。

そう、ブログを書くまでがMTDDC

続きを読む: MTDDC 2017に参加してきました!
2017年5月18日 11:43
category: Web
---
文字数:1243
読む目安: 3分

CMSMix Sapporo Vol.1に参加してきた。

ども、どもども。
先週土曜日にCMSMix Sapporo Vol.1が開催され、そちらに参加してきました。
今日はそちらのレポートを。

CMSMix Sapporoは、今から1年と少し前、札幌に5つのCMSコミュニティが集まって開催されたイベントの名前です。
弊社(ジャクスタポジション)の主催で、a-blog cms、concrete5、Drupal、Movable Type、WordPressの各コミュティがセッションを行うセミナーイベントでした。

この時は50名近くの参加者にお集まりいただき大変盛況となりました。
その後、Drupalさっぽろの白根さんと、a-sapの口田さんから「合同勉強会」のお誘いをいただき、その名称としてCMSMix Sapporoを利用することになったのです。

イベントは基本的に「もくもく会」のスタイルとして、参加者が自由にやりたいことをやるという緩い感じではありますが、毎回各CMSをテーマに掲げ、他のCMSコミュニティの人もテーマに沿った「普段とは違うCMSをやってみる」というイベントにしました。
当日は20名以上の方にお集まりいただき、これまた予想よりもずっと盛況なイベントになりました。

IMG_0488.jpg

さらにこの日は、テーマにもなっていたa-blog cmsの生みの親、アップルップル 山本さんにもご参加いただきました。
名古屋から日帰りで参加いただけるとは、いやはやありがたい限りです。
また、会場の片隅で直接ハンズオンを行うなど、ある意味すごく贅沢なもくもく会になったのでした。

続きを読む: CMSMix Sapporo Vol.1に参加してきた。
2017年5月10日 17:30
category: Web
---
文字数:3602
読む目安: 5分以上

instafeed.jsとAPIを使用してウェブサイトにInstagramの画像を表示させてみた

スクリーンショット 2017-05-10 16.07.21.png

ども、どもども。
非常に今更感がありますが、ちょっと必要な事情があってinstafeed.jsを使ってみました。
ただ、ウェブ上に載っている情報にバージョン差異と思われるばらつきがあって、ちょっと時間がかかったので記事にまとめておこうと思います。
(ブログ記事に日付が入ってないってのが結構あって...まぁそれはまた別の話)

この記事は2017年5月10日の時点で書いています。
本日の目次はこちら

  1. Instagramにアクセスして、API取得用クライアントを作る
  2. InstagramのユーザーIDを取得する
  3. アクセストークンを取得する
  4. instafeed.jsを使用してウェブサイトに埋め込む

では早速参りましょうー。

続きを読む: instafeed.jsとAPIを使用してウェブサイトにInstagramの画像を表示させてみた