www.ni4.jp

ウェブサイト制作会社の
ディレクター社長が
思ったままに書くブログ

Payment Linksでホントに5分以内にクレジットカード決済を導入できるのか

ども、どもども
弊社でクレジットカード決済を導入する際、一番に候補に挙げているクレジットカード決済サービス「Stripe」
そのStripeの新しい利用方法「Payment Links」を試してみました。

Stripe Payment Links: リンクを作成し、どこでも販売できます。所要時間は 5 分以下です。

5分以下でクレジットカード決済を導入?!マジすか
というわけで、さっそく作ってみることに。

続きを読む:
Payment Linksでホントに5分以内にクレジットカード決済を導入できるのか

DIYで書斎改造、木材加工と塗装はナシの方向で!

ども、どもども。
4ヶ月ぶりです、こんにちは。

この1年、久しぶりに自宅書斎からリモートワークで仕事をするようになったのですが、3畳半しかない書斎はモノで溢れて仕事をする環境としては褒められた状況ではありませんでした。
そこでGWの連休を使って断捨離と書斎改造をやろうと思い立ち、狭い上に収納がない書斎に壁面収納を自作することに。
構想から完成までおよそ1ヶ月、初めてのDIY備忘録をまとめようと思います。

Do It Yourself…とはいえ、道具もないし塗料を使えるような場所もないので、材料のカットなどはホームセンターで、また材料はすべて塗装済みのものを用意することを条件にスタートしました。

材料の一覧とだいたいの費用

近所のホームセンターや100円ショップで揃えた材料はこんな感じ。

塗装済み2x4木材(2本/カット込み) 4,186円
塗装済み有孔ボード(1枚/カット込み) 3,443円
石膏ボード用有効ボード留め具・フックほか 2,595円
チャンネルサポート(120mm/2本) 2,376円
ラブリコアジャスター(2セット) 2,194円
棚受け(2本) 1,182円
棚板(1枚) 811円
カードホルダー(2種) 1,754円
その他、有孔ボード用フックやネジなど 3,000円(くらい)

以上で、だいたい20,000円(税込)くらいになりました。

続きを読む:
DIYで書斎改造、木材加工と塗装はナシの方向で!

SSH接続するための秘密鍵と公開鍵をMacで作る

ども、どもども。
ここ最近のブログ記事はテクニカルな内容が多い…
ワタシもウェブ屋さんなんだなと実感しています(笑)

さて。
ウェブサイトの構築業務をしていると、こういう依頼を受けることはないでしょうか

  • サーバーにはSSH接続(SFTP鍵認証)でアクセスして欲しい
  • そのためにSSHキーを用意して知らせて欲しい

ワタシも何度かこのような連絡を受けて対応していますが、正直なところSSH接続(というか黒い画面)にはまだ慣れていない部分もあり、毎回ビクビクしながら対応しています(笑)

先日もSSHキーを用意して欲しいと連絡を受け準備したのですが、そのときに実施した手順やちょっとしたコツ?のようなものを、将来の自分のためにまとめておこうと思います。

いろいろと経緯なども書いていますが、サクッと作り方を知りたい場合は【秘密鍵/公開鍵作成のコマンドと手順】だけ読むと良いかもしれません。
なお、ちょっと説明が怪しい部分もあると思うので、その辺りはご了承くださいね(汗)

続きを読む:
SSH接続するための秘密鍵と公開鍵をMacで作る

このブログでもダークモードに対応してみました!

ども、どもども。
このブログも運営し始めてもうすぐ7年になろうとしています。
その前身となるブログなども含めると、もう20年以上、このように書いていることになります。

さすがにここまで長く運営していると、世の中も変わってきます。
というわけで、少し前から対応しているウェブサイトやアプリも増えた「ダークモード」に、このブログも対応してみました!
なんだか大事のように書いていますが、やってみたかったというのが本音ですね(苦笑)

この記事では、その手順とか対応内容をご紹介したいと思います。
それではさっそく参りましょうー!

続きを読む:
このブログでもダークモードに対応してみました!

2020年の振り返りと2021年の抱負的なこと

ども、どもども。

今日は1月3日、2021年がスタートしてから3日めです。
弊社の年末年始休暇は明後日5日までとなっており、6日から通常業務がスタートしますが、その前に昨年の振り返りと今年の抱負的なことをまとめておこうと思います。

2020年のジャクスタポジション

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの業界に影響があった年でした。
弊社も例外ではなく少なからず影響があったのですが、9月の決算では幸いにもほぼ例年通り(前期に比べると減)の売上を確保することができました。
一緒に仕事をしてくれるメンバーの頑張りはもちろん、このような状況下でも弊社を信頼しご依頼いただけたクライアントさんあってのことで、本当にありがたいことです。

昨年4月からは「出社を原則としない働き方」を取ることとなり、こちらもそれまでとは大きく変わったことの1つでした。
ただ、2013年に法人化するまでの9年間はリモートワーク(当時の言い方ならSOHO)で仕事をしていたこと、また2019年秋からはリモートワークを実施できる体制を整えつつあったことから、大きな混乱なく移行することができたと思います。

このような環境の変化が多かった年でしたが、会社的には大きな影響もなく無事に1年を終えられたことを嬉しく思います。

また、個人的には社外ウェブチームへのコンサルタント/ディレクターとしての参加や、ウェブメディアへの寄稿記事執筆など新しい経験や挑戦がいくつかできた年でもありました。
このブログでも記事にしていますが、MovableType.netのブロックエディタに比較的早い段階から触れ、その発表の機会(MTDDC Meetup TOKYO 2020)をいただけたのも嬉しかったですね。

2021年のジャクスタポジション

昨年の決算ミーティング(決算終了後に行う社内ミーティング)で、今後弊社がどのような取り組みをしていくべきかという話し合いができました。

  • Movable Typeに強い会社であること
  • EC(Eコマース)関連に長けた会社であること
  • 構築に至るまでの仕事(企画や提案)が丁寧であること
  • 構築後のサポートに重きをおいていること
  • 既存クライアントとの取引が長く関係性が良いこと
  • 協業パートナーに恵まれていること
  • 提案と費用に関するバランスの説明がまだまだ十分ではないこと
  • フロントエンドエンジニアリングが手薄であること(協業パートナーの協力が大きい)
  • 自社ウェブサイトが古いこと(汗)
  • 社長のキャラクターをもっと活かすこと(苦笑)

2021年はこれらの良い点/悪い点、あるいは強みと弱みをあらためて意識して実行していく年。
良い点と強みを伸ばすことはもちろん、悪い点と弱みを克服し、クライアントの皆さんに「ジャクスタポジションがいてよかった」と思っていただけるよう努めます。

私たちがやるべき「Webでもっと楽しいリアルを創る」を信条に、2021年もスタートします。
今年もよろしくお願いします。

【MovableType.net】TinyMCEでテーブルに設定されるwidthやheightを削除する

ども、どもども。
2020年の仕事納めは昨日でしたが、今日もデスクに向かってます。こんにちは。

MovableType.netのブロックエディタ、これまでもそのカスタマイズなどをいくつか紹介してきましたが、導入した弊社クライアントさんからも大変好評です。

そんなブロックエディタですが、テーブル(表)の作成だけはちょっと面倒なことが…。

MovableType.netのブロックエディタは、TinyMCEが使用されているのですが、このエディタのテーブルって、初期設定や編集中にちょっと罫線に触れてしまうことで、セルの幅とか高さとかが自動でついてしまうことがあるんですよね。
そのような場合はソースコードをちまちまと修正することも多いのですが、それをクライアントさんに強いるのも難しく、とは言えそこをサポートするのも、数が多かったり複雑だったりすると手間が増えてしまいます。

WordPressを利用している場合はTinyMCEの設定変更が可能なようで、それらの情報が共有されていますが、MovableType.netの場合はそれができません。

これをどうにかしたいなーと言うことで、以前作成したテーブルのレスポンシブ対応カスタムブロックを改良してみました。

続きを読む:
【MovableType.net】TinyMCEでテーブルに設定されるwidthやheightを削除する

自分で作ったCSRで取得した独自SSL証明書をインストールしてみた

ども、どもども。
前回の記事では、初めてMacのターミナルでCSRを作ってみたところまでを記事にしていました。

今回はそのCSRで取得申請したSSL証明書をMovableType.netにインストールするところまでを記事にしておこうと思います。
前回の続きなので、使用しているファイル名等は前回の記事そのままとなります。

続きを読む:
自分で作ったCSRで取得した独自SSL証明書をインストールしてみた

MacのターミナルでSSL証明書取得申請に必要なCSRを作ってみた

ども、どもども。
普段はウェブディレクターとして仕事をしながら、たまにコードを書くことを趣味のようにしているワタシです。

さて、ウェブサイトの常時SSL化が当たり前になって久しいですが、ワタシが普段、SSL証明書の申請・発行に必要となるCSRを用意する際は、導入するサーバーの管理画面(PLESK)で作成していました。
ただ、今回申請するにあたってCSRの中に「メールアドレスを含めない」という必要があって、PLESKではそれができないことがわかりました。(メールアドレスの入力が必須だった)

ブラウザ上でCSRを作成できるツールも試したのですが、暗号化アルゴリズム(SHA2)の都合などもありうまく行かず、自分のMacでOpenSSLを使用してコマンド操作で作成することに。

いわゆる黒い画面ですが、これまでローカル環境の構築やサーバーの移転などで何度か使ってきたものの、CSRの作成は初めてのことだったので、色々調べながらやってみた備忘録を後々の自分のために書き残しておこうと思います。

※記載内容に誤りなどあった場合は、優しく教えてください(笑)

続きを読む:
MacのターミナルでSSL証明書取得申請に必要なCSRを作ってみた

Craft CMS 3を手動インストールする

ども、どもども。
この記事は Craft CMS Advent Calendar 2020 18日目の記事です!

数年前から話題になっているCraft CMS
一度触ってみたいと思いつつなかなか実現できずにいた2019年夏、ここ札幌で開催されたイベントに参加して触ってきました。

良い感触を得られたのですが、とは言えその後もなかなか自分でインストールして…ということはできずにいました。
そんな中で知ったAdvent Calendar、これはもう自分を追い込むしか無い、と。

今回は大したことはできないと思いますが、まずはインストールするところくらいまで自力でやってみようと思います!

続きを読む:
Craft CMS 3を手動インストールする

MovableType.net Dashboard Utility ver0.5.0 リリースしました!

ども、どもども、西山です。
この記事は、Movable Type Advent Calendar 2020、11日目の記事です。

このアドベントカレンダーも今年で9回目!
第1回からワタシも参加していて、第4回となる2015年からはワタシが企画させてもらっています。
参加していただいたMT::Loverな皆さん、ありがとうございます!

さて、本ブログの今年のネタですが、もう毎年恒例となりましたMovableType.net Dashboard Utilityのバージョンアップ(12月9日リリース、ver 0.5.0)についてご紹介します!
MovableType.netに今年実装されたブロックエディタについて書こうかとも思ったのですが、アドベントカレンダーならこっちだよなと言うわけで、ブロックエディタについては他の記事もあわせてご覧ください。
ちなみに、今回のバージョンアップでも「ブロックエディタが追加されたからこそ」という機能がありますよ!

2020.12.15
version 0.5.1 をリリースしています。
テンプレート編集時に保存できない不具合が出ていました!失礼しました。
ご指摘いただいた天野さん、ありがとうございました!

Dashboard Utilityは、MovableType.netの管理画面を使いやすくするChromeエクステンション(無償)で、過去5年間ちょっとづつバージョンアップをしています。
昨年、まとめ記事を書きましたので「どんなことができるか」はこちらをご覧ください。

現在、40名ほどの方にご利用いただいているみたいです。
ありがとうございます!
では、さっそく今回のバージョンアップ内容の紹介へ参りましょうー!

続きを読む:
MovableType.net Dashboard Utility ver0.5.0 リリースしました!

アクセスの多い記事