2014年6月15日 18:18
category: Web
---
文字数:1428
読む目安: 3分

Keynote発表時のディスプレイ解像度

こんにちは。

前回の記事に書いたとおりここ1年半ほど、様々なイベントなどでプレゼンさせていただいたり、発表させていただく機会が増えていました。
その際に悩んでいたことの1つがiPhoneのKeynote Remoteアプリでのリモート・コントロール。

そしてもう1つが、スライドの画面サイズについてでした...。
「は?」と思われた方もいるかと思うのですけど、無知であった恥を承知で書きます(汗)

最初の頃は特に困っていなかったんです。
でも、いつの頃からだったか、スクリーンに映るスライドが小さくなった気がしていたんですが、Keynote初心者のワタシは原因がよくわからず...。
イベントの度にスタッフの方や出演者の方に「画面小さくないっすかね...」と聞いていたんですが、「そう?」という答えばかり。
でも気になって気になって...。

そんな時、株式会社スイッチの鷹野さんのこんな記事を目にしました。

外部ディスプレイに接続時、希望する解像度がリストに出てこないとき
主にプレゼンなど、出先で外部ディスプレイに接続する際、[ディスプレイ]環境設定の[解像度の設定]のリストに、希望する解像度が出てこないことがあります。
この場合には、optionキーを押しながら[変更]のラジオボタンをクリックします。

これで悩みが解決できるかも!
と思ってさっそく試してみました。

まず「小さい」ってのがどんな感じだったか。
これは自宅のディスプレイにつないでいる状態のスクリーンショットなのであれですが、だいたいこんなイメージです。

20140615182405.png

上下左右にある余白、広すぎやしませんか?
ワイドディスプレイなので左右が広いのはまぁわかるんですが...。
(ところで余白なのに黒っていう...どうでもいいですね)

そこで、先の記事にあった解像度の設定を変更してみます。

※追記あります!

20140615182549.png

まず「変更」にラジオボタンを合わせ...

20140615182712.png

希望する解像度「1024*640」が一覧に出てこなかったので、optionキーを押しながら「変更」のラジオボタンをクリック

20140615182842.png

この状態で設定を終了して、いざ、Keynoteでスライドをスタート!

20140615182928.png

やりました!うまくいきました!

思っていたとおりに表示できていますー。
これは嬉しい!

思い起こせば、昨年の夏に東京で開催されたMTDDC 2013に参加させていただいた際、ここの部分を変更していたのですが、もしかするとその時に設定を戻し忘れたとかだったりするのかな〜と。

とにかく、この記事を目にすることが出来て良かったです!
(鷹野さん、ありがとうございました!)

 

2014.06.15 21:10追記

この投稿をご覧いただいた鷹野さんから「念のためですが、Keynoteの環境設定で[スライドのフルスクリーン表示]はオンになっていますですよね。」とご指摘が...。

...なっていませんでした(汗)

ワタシが使用しているバージョン 6.2では、一番上に「スライドショーをディスプレイに合わせて拡大/縮小」という項目がありますが、こちらにチェックを入れると、解像度の設定にかかわらず、画面にフィットさせることが出来ました!

20140615211011.png

いつだったか設定を変えてしまったのは、解像度の部分ではなく、この設定項目だったのかも...。

いずれにしても、ご指摘ありがとうございました!

(参考)出演される方へ | CSS Nite公式サイト:講演直前のチェックポイント