2016年12月28日 14:55
category: ネタ
---
文字数:882
読む目安: 2分

タイムズ24で駐車券を紛失?の巻

IMG_9589.jpg

ども、どもども、西山です。
昨夜(というか数時間前)の話なんですが、仕事を終えて駐車場へ向かう途中、ふと気が付きました。

あれ...駐車券が無い...

いつもは名刺入れに挟み込んでおくのですが、そこにはない駐車券。
会社のデスク周辺を思い起こすも、その辺りにあった記憶もなく...。
クルマのサンバイザー周りにでも入れたかな...とドキドキしながら確認するも、そこにも無い。

やばい、駐車券失くしちゃったかも(汗)

深夜3時の駐車場でウロウロしながらブツブツ独り言。
知らない人が見たら完全に危ない人です。(知っている人が見ても危ない)

どこを探しても見当たらない駐車券。

これ、無くしたら駐車料金いくらになるんだろう...と恐る恐るiPhoneで調べてみると...
安くても数千円から場合によっては数万円(場所によって変わるらしい)になるケースも...。

ちょっと試しに紛失ボタン押してみるかな...もしかしたら3,000円くらいかもしれないし...。
3,000円ならこれも勉強代と思って...などと考えつつ、出口へ向かいます。

「駐車券を入れてください」

感情のないマシンが非情な言葉を投げかけます。
持ってないものは無い。と言わんばかりに「駐車券紛失」ボタンをポチッとな。

「料金は6,000円です」

うぉぉぉおおぉッ、数万円には至らなかったものの、予想の倍(汗)
勉強代にしては高すぎる...

深夜3時、駐車場出口からバックで戻るマイカー。

さて、どうしたものか。
素直に6,000円支払って、とっとと帰って寝るか。
それとももう一度、オフィスに戻って探してみるか。

いや、オフィスにあるかもしれないしな...ということで、一度オフィスへ向かおうとしたその時!
コートの内ポケットになにやら硬い紙のようなものが。

あった!あったよ!駐車券あったよ!

というわけで、無事に1,200円(24時間の上限)で出庫できたのでした。
深夜のテンションで6,000円支払いそうになったけど思いとどまってよかった。

帰宅して食べたギョーザがいつも以上に美味しく感じた朝方4時の回想録でした。