2014年6月30日 19:20
category: ネタ
---
文字数:1174
読む目安: 3分

お試し価格の意味

ども。

弊社は札幌市の中心部にある商店街、狸小路の7丁目に位置しています。
何か用があると、だいたいのことは狸小路内で済んでしまうので非常に便利な場所です。

そう、ランチもだいたい狸小路周辺で食べることが多いです。

そんなおり、狸小路の中に新規開店した焼肉屋さんがありました。
今日(6月30日)まではいろいろなランチメニューを通常より安く提供していて、いわゆるお試し期間って感じでした。
焼肉弁当(いわゆる幕の内的な弁当箱に入ってるやつ)が通常780円のところ390円って言うんで、お試ししてみることにしました。

店内は結構混雑していました。
オペレーションは思っていたより順調なようで、特に雰囲気も悪くなく。
私も席に着くやいなや焼肉弁当をオーダーしました。

ふと隣の席を見ると、焼肉弁当+冷麺(半額で400円)を食べている男性が。
まぁランチメニューですし、今だけ半額だし、それぐらい食べるのもありだよねって感じで見てました。

オーダーから10分弱で私のもとにも焼肉弁当が届きました。

はい、これ、ドーン!

20140630192628.jpg

ご飯のとこだけアップにしてみましたが...それには理由が。

ちなみにこの御飯が入っているところ以外は、「豆腐にキムチ汁的なのをかけた冷奴的ななにか」「もやしのナムル」「ポテトサラダ」「キムチ」でした。
まぁなんていうか、お店の名誉のために写真は撮りませんでしたけど、そりゃ390円だよね(笑)って言うか。

で、気を取り直してお肉とご飯をいただきます。

お肉はまずまず。
サガリ(牛の横隔膜)かと思うんですが、しわしわってこともなく、とは言えジューシーッ!てほどでも無いですが、まずまず。

ただ、残念なのがご飯ですねー。
少ないのはまぁ仕方ないとして、とにかく乾いてる(笑)
パリパリしてるんです、ところどころ。

たぶんこの焼肉弁当っていっぱいオーダーが入るんでしょうね。
なので、お肉が焼きあがる前にご飯だけ弁当に詰めてストックしてるんでしょう。
ご飯を口に放り込んで目を閉じるとね、その光景がブワーッと拡がりましたよ。

ひと通り食べて帰ろうとした時、さっきの男性が冷麺を食べてた理由に気が付きました。
そりゃ、これじゃ満足できんわ(^^;

ただ、店員さんの接客とかも良かったし、それ以外は全然気になるところがなかったですね、新規店舗という割には。

というわけで、お試しした結果ですけど。
あれと同じ焼肉弁当を780円でどうぞって言われても、お断りですね。
食べたいとか思えない。
「いやいや、それはほら、390円のお試しだから!」って?
いやいや、お試しだからこそ普段と同じものを提供しないと意味が無いと私は思います。
赤字覚悟でそれができないなら、お試し半額とかやらないで、クーポンでも配ればよかったんじゃないですかね。

ってなことを考えながら帰ったのでした。まる。