2014年4月 3日 01:52
category: ネタ
---
文字数:2536
読む目安: 5分以上

誕生日そして10周年

20140403005949.jpg

この記事を書き終える頃、41回めの誕生日を迎えております。
ハッピーバースデー、ワタシ。

そしてワタシが代表を務める株式会社ジャクスタポジションも、その前身となるジャクスタポジション(個人事業)から数えて創業10周年となりました。

創業10周年については弊社ブログでも書くと思うので、ここでは思い出話をつらつらと。

今から15年くらい前、まだインターネットビジネスはいわゆる黎明期と言える時代で、ワタシはまだ普通のサラリーマンでした。
そんな時に出会ったのが「Webサイト」、もとい、「ホームページ」
昔から絵を書くのが好きだったワタシは、その延長線上のようなイメージで、自分の"ホームページ"を作りました。
たぶん、1998年とかそれくらいのことだったと思います。

当時はまだレンタルサーバーなどもあまりなく、しかも自分のパソコンを持っていなかったワタシは、上司の許可を得て、終業後に会社のパソコンでホームページをコツコツと作成、それを後輩のプロバイダスペースに間借りするカタチで公開していました。
FTPとかよくわからなかったので、フロッピーディスクにデータをコピーして後輩に手渡し、それを後輩が自宅に持ち帰ってアップするという、今考えたら恐ろしくなるほど自己中でジャイアニズムな先輩というか(笑)

ともかく、それがワタシがWebサイトに触れる最初のきっかけでした。

その後、自分でパソコン(NEC製)を買い、プロバイダ(ODN)も契約して、自分でWebサイト...ホームページを運営するようになります。
当時はホームページ・ビルダーとかで作ってましたね。もちろんテレホタイムに。
どうしてもCGIを設置してみたくなって、サーバースペースをジオシティーズからhi-hoのプロバイダ・スペースへ乗り換えたりとか。
初めて設置したKent-webさんの配布する掲示板では、これで会社の昼休みにも記事が書けるぞーとかって言いながら、いわゆる日記作家的なことをしていましたね。

参加型コンテンツ「一発変換苦笑道場」とかもやってたなぁ。
今と違って、日本語変換も変なのが多くって、それをユーザーに投稿してもらうって企画でした。
その掲示板がセガサターン(だったかな?)のコンテンツを作ってる人の目にとまって、掲載されたりとかも今じゃ懐かしき思い出。

その数年後に、まさかWebサイトを作る仕事に就く...というか、それで独立するなんて当時は思ってもいなかったですね。

当時の私の仕事は、なんというか経営相談とか創業支援とか、そういう感じのことをやっていたわけですが、そうなると時代的にどうしても「インターネットを活用した・・・」って話になるわけです。
もともと好きだったってのもありますけど、それで色々とお客さんから相談されたりするようになったんですね。

就職する前から「30歳になったらどんな仕事に就いていようと独立するんだ!」と決めていたにもかかわらず、これと言って専門的な知識や技能を持っていなかったワタシにとって、このインターネットを活用した・・・というのはまさに「これだ!」と思える仕事だったんですね。

たぶんこれから世の中にホームページを作る業者さんはいっぱい出てくる。
ただ、その活用方法や施策の良し悪し、費用対効果を判断できる企業経営者の人ってそんなに多くないんじゃないだろうか。そういう相談をできる人がこれから先、求められるんじゃないだろうか。ワタシならそんな人達の役に立てるんじゃないだろうかって思い始めちゃったわけです。

たまたま、身近な存在でWebサイト制作会社でプロデューサーをしていた友人や、印刷関係の会社でアルバイトをしていたMacな友人がいたりして、彼らに相談してまずはWebサービスみたいのを作ろう!ってなったのが、本格的にWebサイトを運営し始める切っ掛けになりました。

今も弊社Webサイトのドメインとして使用している lat43n.com というドメインはその時に取得したもの。
どんなドメインが良いかなーって考えてる時に聴いてたDreams Come TrueのLAT.43°Nという曲からそのまま頂きました。
当時は北海道のネットコミュニティを作ろうとしてたので、これはいいドメインだなって。

そのコミュニティサイトは1年ほど運営するわけですが、ただその時はまだブログなんてものはなくて、掲示板CGIを使用した日記を書き綴ってましたね。

そして2004年4月

ジャクスタポジションを創業するのと同じ頃に、Movable Typeと出会ってしまいました。
いつ思い返しても、その出来事こそ、今のワタシを形作る起源と言って過言じゃないでしょう(言い過ぎ?)
その頃のことはこちらのブログで。

Movable Typeの誕生から11年、そして - ジャクスタポジション・スタッフブログ

それから今日までの10年はあっという間でしたね。
楽しかったこと、辛かったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、思い起こせば色々と出てきます。
でもホント、あっという間だったなって。

10年前の今日、「10年後、俺はこうなってるんだよなー」って考えたのを覚えています。
それがどれぐらい達成できているのか、それはまだわからないけれど。
でも、少なくとも当時のワタシも今のワタシも、10年ってのは1つの通過点でしかないと思っているのは変わらないようです。

去年10月、会社を法人化してまだ半年。
たぶんこれからの方が楽しいことも、辛いことも、嬉しいことも、悲しいことも、これまで以上にあるはずだなって思うのです。
だから、まだ何も終わって無ければ、何も始まってもいない。そういうことなんだろうな、と。

ただまぁ...、

とりあえず、10年やってきたのは偉いよ、たぶん。

もちろん周りの人達に助けられてここまでやってこられたのは間違いないから、いつもココロに感謝の気持ちを持っていなきゃダメだけど、ホントにいろんなことがあったのに10年続けてきたのは、たぶん偉い。

だからこれまでと同じく、周りの人達への感謝と創業当時の気持ちを忘れずに、次の10年へと続く道を歩みだそうじゃないの、と思うのです。