至福の晩ご飯

2014年3月28日 00:21 | category: ネタ | 文字数:804 | 読む目安: 2分

今夜、本当なら東京からお越しの方と晩ご飯をご一緒するはずだったのですが、巡り合わせが悪かったのか、残念ながらワタシは参加できませんでした。

晩ご飯はいらないと家を出てきたので、残業後に帰宅しても晩ご飯は用意されていなく、そこから用意しろと言うほど亭主関白でもなく。

そこで今夜は久々に1人で晩ご飯を食べに行くことにしました。

入ったのは、博多一風堂 狸小路店
何度か飲んだ後にも立ち寄ったことがあるお店です。

席につき、まずはビールとハーフ餃子を。
それらを待つ間にメインのラーメンを考えます。

20140328003147.jpg

ビールが到着する頃にラーメンを注文すると、店員さんが「すこし時間をあけてからお持ちしますね」と。
この一言、嬉しいですね。

その後、出てきた餃子をつまみつつビールを飲み、忙しかった1日を忘れてぼーっとします。これがまた至福。

20140328003236.jpg

気がつくと餃子は最後の1つ。
ビールもあと少しで無くなるところ。

そこへ先ほどの店員さんが、「ラーメン、そろそろご用意しましょうか」と。
良いタイミングだなと感心しつつ、ラーメンをお願いします。

そして最後のビールを飲み干した時、狙いすましたかのように、「お待たせしました!」とラーメンが。

20140328003332.jpg

素晴らしいタイミング(笑)

ラーメンを最後まで美味しく食べて、気持ち良く店を後にしました。

ビールとハーフ餃子、それに1杯のラーメン。
たぶん滞在時間は30分ほどだと思いますが、非常にリラックスして、美味しく晩ご飯を食べることができました。

レジで餃子サービス券までいただき、すでに次はいつ来ようかなと考えてました。

博多一風堂と言えば、有名なラーメン屋さんですよね。
とは言え、ここは札幌ラーメンのお店がひしめく激戦区。
ライバル店も多いこの立地で、それにもかかわらず絶えずお客さんが入ってくるお店...、なるほど、と思ったのでした。

ご馳走様でした!